みつどんマルシェ 飯綱町公式通販サイト

山下フルーツ農園

山下フルーツ農園

中身で勝負


私たちは、あくまで皆様においしいりんごをお届けするために完熟収穫をしています。

果樹産地では流通事情によって、収穫から消費までの一定期間保存ができるように、未熟状態で収穫されることがありますが、私たちはそのようなことはしません。

さらに、果実も人間と同じで、個性があります。同じ品種、同じ樹の果実でも、大きさ、形、場所、高さによって、完熟の具合は異なります。

1度に1本の樹のりんごを全て収穫すれば手間も省けるのですが、おいしさの指標である完熟状態での収穫を優先し、1個1個完熟状態を確認しながら収穫します。



農薬に頼らない栽培


私たちの作物は、全て特別栽培基準(その地域での標準的な栽培方法と比べて、農薬使用回数が半分以下で化学肥料の窒素成分量が半分以下である栽培基準)を満たしており、さらにそれ以上に厳しい内部基準で栽培しています。


特に、県や地域がすすめる化学農薬一辺倒の予防防除体系(病気や害虫が発生する前に予防的に農薬を使用する方法)に対して、私たちは病害虫の発生が多少あっても著しい被害を与えない限り、農薬使用を最低限に控えるように努力しています。



有機質肥料の施用と土壌分析による肥料設計


私たちは環境にできるだけ負荷をかけない土づくりを心がけています。


そのため、主に年2回園内に施肥する肥料は全て有機質肥料です。


また施肥前には必ず園地ごとに土壌分析を行い、その結果に基づいた施肥設計を行います。人間と同じで、果樹にとっても栄養バランスは重要です。栄養不足や栄養過剰、栄養成分の偏りは木を狂わせます。

土壌分析によって、その園地の栄養状態を把握し、それにあった肥料の種類と量を決めるのです。よって植物にとって重要な、微量要素と呼ばれるミネラルや、窒素・リン酸・カリと呼ばれる三要素を過不足なく補給でき、病害虫に強くておいしい果実をならせる木を作ることができます。



農園情報

農園名山下フルーツ農園
住所長野県上水内郡飯綱町大字倉井4276

商品一覧